胆振東部地震フォトグラメトリー / IBURI-TOUBU EARTHQUAKE PHOTOGRAMMETRY
震災の当事者でない者としてできることは、感情的な物語を生むことでも、祈りでもなく、生データの記録と公開である
北海道胆振東部地震で発生した広範囲に渡る土砂崩れのありのままの姿を、北海道在住のドローンパイロット・でちでち氏が3Dモデル化しソーシャルVRでの公開を決めたため、これに協力し、最低限のしつらえを追加して1:500スケールでVR空間に公開した

製作者インタビュー > 「北海道胆振東部地震」被災地の3次元モデルデータをVRChatに公開した経緯と意図とは?